« 没後150年 歌川国芳展 | トップページ | 歓送迎会 その1 »

2012年2月16日 (木)

マタニティ歯科 マイナス1歳からの母と子の口腔管理

002

印西市歯科医師会の大先輩である飯塚先生が主催しているスタディグループがあります。
MACDA(Multiple Advanced Clinical Dentistry Association)というグループです。
毎月1回の頻度で例会を行っていますが、今回は日本歯科大学附属病院 総合診療科・マタニティ歯科外来に所属されている代田あづさ先生が講演をしてくださいました。

テーマは、
「マタニティ歯科 マイナス1歳からの母と子の口腔管理」

日本歯科大学附属病院ではマタニティ歯科外来が開設されており、スタッフ全員が女性で、日々妊婦さんの歯科治療にあたっているとのことでした。

今回は歯科医師のみならず歯科衛生士、歯科助手などのコメディカルの方々が参加してもよいということだったので、ココロデンタルクリニックスタッフのほぼ全員で参加させていただきました。(中澤先生と荻原先生は仕事の都合で参加できませんでしたが・・・)

講演内容は、
*妊娠すると心も体もいつもと違う状況になり、お口の状況にも大きな変化が起こること。
*妊婦の口腔ケアは生まれてくる赤ちゃんのためにもとても重要で、乳幼児の健康な口腔を確保するためにはマイナス1歳からの、母親の口腔管理を含む生活習慣の指導が必要になること。
*早産や流産を防ぐための妊婦の口腔管理、う蝕病原菌の感染を減少させる母子間の口腔管理、安全な歯科治療について知っておくべき事。
などの内容から、X線撮影、麻酔薬の使用、薬の服用など妊婦さんが疑問に思う事まで改めてしっかりと確認でき、非常に勉強になりました。

千葉ニュータウンは妊婦さんが多い地域ですので、我々も今回の講習で学んだ事、再確認したことをしっかり頭の中に叩き込み、妊婦さんにとって今まで以上に安心で安全な治療が実践できるよう努めていきます。

妊娠中の歯科治療についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

« 没後150年 歌川国芳展 | トップページ | 歓送迎会 その1 »

学会・講習会」カテゴリの記事