« フットサル | トップページ | 2011年 もくあみ会 »

2011年10月 9日 (日)

桜の会

気がつけば朝夜は肌寒い季節になってしまいました。
前回のブログは真夏でしたので約2ヶ月ぶりの更新になります。
8月、9月と学会や勉強会、講習会への参加が重なり課題もあり時間に追われていた毎日でした。

さて、私が以前に勤務させていただいていたドルフィンデンタルクリニック(千葉県佐倉市)で勉強会が催されています。初めは院内勉強会だったのがだんだんと他院の歯科医師や歯科衛生士も参加するようになり、私も先々月から参加させていただいています。
勉強会の名前は『桜の会』。
毎月第1金曜日に開催です。

今月のテーマは、『シャープニング』でした。
シャープニングとは刃物を研ぐことを言いますが、歯科の場合は歯周病治療時に使用する手用スケーラーという刃物を研ぐ事を言う場合が多いです。スケーラーとは歯石等を除去する時に使用するものです。
そもそも歯周病は、歯に付着した細菌性プラーク(バイオフィルム)によって引き起こされる、炎症を伴うある種の感染症です。そのバイオフィルム(歯垢や歯石など)をしっかり除去するのに必要な道具であるスケーラーが研げているのといないのとでは治療の結果に差が出てきてしまいます。

このテーマは私だけが参加するのはもったいないと考え当院の歯科衛生士3人と参加しました。

ドルフィンデンタルクリニックの歯科衛生士であるTさんが新田式シャープニングの講義をしてくれ、その後スタッフの皆様が実習で指導してくださいました。

当院の歯科衛生士も一生懸命に学び、練習していました。
その光景を見ていると院長として嬉しい気持ちになりますし、仕事に対して情熱をもっているスタッフがいることを誇りに思います。

少しでも良い医療を提供できるように常に学ぶ努力をしていかなければいけません。
自分自身はどうか?
もっともっと努力をしていかなければいけないと感じた一日でした。


003

« フットサル | トップページ | 2011年 もくあみ会 »

学会・講習会」カテゴリの記事