« 桜の会 | トップページ | 2011年もありがとうございました! »

2011年10月11日 (火)

2011年 もくあみ会

9日、10日と臨床基本ゼミのOB会にあたる『もくあみ会』に参加してきました。
もくあみ会は臨床基本ゼミを受講した先生方が年に一度集まり、名乗りをあげた先生がケースプレゼンテーションをして、それに対して互いにディスカッションをしたり、講師の先生方から症例へのアドバイスを受ける事のできる勉強会です。基本ゼミで学んだ事を臨床に活かしてその取組みをいろいろな視点で評価する事のできる機会でもあります。初参加ということもありケースプレをする勇気がありませんでしたが、大学同期のO先生と基本ゼミ同期のN先生は果敢に発表をしていました。その姿を見て次回はチャレンジしようと決意しました。
今年は10周年という記念すべき時で、実行委員の先生方が趣向を凝らした企画をたててくださいました。おかげで飽きる事なく、また良い緊張感もあり非常に勉強になりました。

今回のテーマとスケジュールです。

Photo


『咬合崩壊症例の治療ステップ』がテーマです。
歯牙を失う二大原因は齲蝕と歯周病ですが、齲蝕の処置はどちらかというと順調に進みます。しかし、歯周病の歯牙を保存できるかどうかは患者のプラークコントロールと術者の知識や技術、経験にかなり左右されてしまいます。歯周病の治療は初期段階ではどの歯牙が保存できるのかわからない場合が多く、保存の確定ができるまで年単位の時間がかかる事も稀ではありません。
保存できる歯牙の確定という段階をクリアできたとしても次にくる難関が、咬頭嵌合位の決定です。
咬合再構成する以上はどこかの顎位で補綴物を作らなければいけません。
テンポラリークラウンやプロビジョナルクラウン、仮義歯やプロビジョナルデンチャーなどでバイトを煮詰めてステップステップで何度か咬合採得をする必要がでてきます。
本来の顎位を再現するのは至難の業でほとんど不可能だと思っております。機能的であり長期間安定する生体の許容できる範囲の顎位を探すことが求められていると考えております。
今回はその事も含めて咬合崩壊症例に関しての考え方や手技をいろいろと学ぶ事ができました。
もっと勉強しなくてはいけませんね。
またまたモチベーションがあがりました。

写真は基本ゼミ同期の仲間と、また九州歯科大学同期や先輩と一緒にとっていただいたものです。
基本ゼミ主催の金子先生との一枚も。しゃべり過ぎの僕は「黙ってじっと考えろ」の一言を頂きました。


2011002

« 桜の会 | トップページ | 2011年もありがとうございました! »

学会・講習会」カテゴリの記事